佐野には、佐野らーめん以外にも「いもフライ」や「大根そば」「耳うどん」など、美味しいモノがたくさんあります。

そば商組合紹介ページへ

佐野名物 いもフライ
戦後、食糧難といわれた時期に、お米の代わりにジャガイモなどが多く食されていたため、当時、佐野地域では、町中いたるところにジャガイモ畑が広がっていました。そこで、ジャガイモをフライにして、食べやすいように串に刺したものがいもフライの元祖といわれています。揚げたてのジャガイモと衣とソースのバランスの良さにこだわっています。昔懐かしい味をぜひお召し上がりください。
県下有数の産地で味わう そば
良質な水と、気候・土壌がそば栽培に適する佐野では、葛生地区の仙波、牧、田沼地区の野上、下彦間、飛駒といった地域ごとの産地に恵まれています。 大根そばは、千切りにした大根をそばに乗せたり混ぜたりして食べる、明治時代より親しまれている佐野市の郷土料理です。その歴史は、佐野周辺が良質なそば産地であると共に、甘みのあるおいしい大根が取れたことで、食糧難の時代、少ないそばに千切りの大根を加えてかさ増しの工夫をしたのが始まりだといわれています。そばに含まれる良質な栄養と、その栄養の吸収を助ける大根を一緒に採ることが出来る、美容と健康に良い組み合わせが人気になっています。
開運の郷土料理 耳うどん
耳うどんは、昔から佐野市葛生地区に正月料理として伝わる、ユニークな見た目の郷土料理です。うどんの形は悪魔や鬼の耳になぞらえており、三が日に耳うどんを食べてしまえば、我が家の話を悪魔に聞かれないから、その年は平穏無事に過ごせる、という言い伝えがあります。昭和中期には耳うどんを作る家庭も減ってしまいましたが、市内の飲食店がその味を復活させたのを機に、今では注目のご当地グルメとなっています。もちもちとした食感で、お出汁との相性もばっちりです。
かき菜
北は緑豊かな足尾山系の山々、南は関東平野に連なる平坦地が広がる佐野では、北部から渡良瀬川に注ぐ水源と風土の特徴を活かした農産物が栽培されています。

 

ジャンル店名定休日詳細
そばあらいや
そば荒居屋 雅膳
そばいし川庵
そばいずる庵
そばいそ車
そば大橋町 野村屋
そば手打そば おかだや
そば栗田そば店(佐野駅前)
そば手打ち蕎麦 元禄
そば權兵衛
そばさい藤
そば手打ちそば 更科
そば手打ちそば 杉田
そば手打ち処 たもんや
そば手打そば 都賀屋
そば平左ヱ門
そば野村屋本店
そば手打そば みすゞ庵
いもフライ飯島商店木・第3水
いもフライいでい焼きそば店
いもフライImozo
いもフライいもフライ 大しま月・第4日
いもフライいもフライの店 江原商店
いもフライいもフライのポピー
いもフライおおつか商店日・第2月
いもフライおやつの店 ぴのや
いもフライかずと来実
いもフライくりた
いもフライ坂本商店日・最終月
いもフライ佐野やつや
いもフライたまごや食堂 やませ
いもフライちゃこや
いもフライ(有)日光軒
いもフライ農家直営 ぽっぽや
いもフライ(有)花せいろなし
いもフライ葉聖里
いもフライ和洋食レストラン はなみずき水・年始
いもフライ福寿荘売店月・荒天日
いもフライふくや料食なし
いもフライみっちゃんの台所(長竹食品)水・木
いもフライ(有)八百春商店(スーパーセーキ)