企画展「とちぎ和算の世界」〜佐野にある日本最古の算額〜

企画展「とちぎ和算の世界」〜佐野にある日本最古の算額〜

佐野市大蔵町にある星宮神社には、天和3年(1683)に奉納された日本最古の算額があります。算額とは数学の問題と答えや解法を絵馬にして神社等に奉納したもので、多くの人の目にとまることから当時の研究発表の場でもありました。

この展示会では、日本最古の算額が佐野にあることを知っていただくとともに、栃木県内に残る算額を通じて、江戸時代に日本で発展した数学である和算の学問的水準と、教育者であった和算家たちによって庶民にその知識が広く普及していたことを紹介するものです。あまり知られていない県内の算額や和算について、改めて見直す機会になれば幸いです。

期間:4/28(土)〜6/17(日)
場所:佐野市郷土博物館(佐野市大橋町2047)
電話:0283ー22ー5111
開館時間:9〜17時
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入館料:無料(ただし企画展開催中は一般200円、大・高生100円、中・小生50円)

詳しくはこちらへ